Shinichi Endo | 遠藤慎一の公式メディア

髪の毛を通して輝く人生のプロデュースをしたい。 ハイブリッド美容師・遠藤慎一の公式メディア

私が顧問の税理士を決めた理由

   

唐突なタイトルでえっ?て思う方も多いかも知れないですが、やっぱ人間物事を決める際に判断材料って必ずありますよね。
今や、弁護士や税理士だって溢れて仕事を求めている時代

弁護士が食ええない時代は本当か?

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48683




ある経営者から税理士を紹介してほしいと言われたので紹介しました。

その後、報告があり『すごく迷っているとの事。』

なぜなら、もっと安い税理士の先生は他にもたくさんいるし、これだけ仕事がない時代、少しくらい危ないことをしてくれる先生もいるみたい。

士業と言われる華やかで稼げる仕事かと思われていた職業も、今や『資格』を持っているのみでは意味をしない時代。
私には今の顧問税理士の先生にお願いした明確な理由がある。

それは、
『しっかりととしたコンサルティング力や提案力を持っていたからだ。』

美容師はどうか?
美容室の数なんて信号機より多いとよく比喩される。

ハッキリ言って安い美容室はごまんとある。
そんな中でお客様に対して私が何を提供できるか?

私自身も数ある美容室の中で選んで頂くために絶対に決めている事がある。
それは『お客様の生活や人生をヘアを通じてコンサルティングやプロデュースする。』ということ。

私はお客様のライフスタイルによってどういう風にカットするかカラーするか決める。

やはりできる税理士さんも同じで企業の財務状況を見て何がベストなのかコンサルティングを行ってベストな提案をしてくれる。

ただ、『確定申告』

ただ、『長さだけ切ってくれる』

もはやここには対した価値などないって思っている。
だからこそ、私はお客様に『生活や人生を変えるヘアを提案する』

もっともっとお客様の人生が輝けるように努力していこう。