Shinichi Endo | 遠藤慎一の公式メディア

髪の毛を通して輝く人生のプロデュースをしたい。 ハイブリッド美容師・遠藤慎一の公式メディア

クセが強くて…でもコテで巻くスタイルが良い…という方に向けて【縮毛矯正のアプローチ】

   

5月も後半。そろそろ梅雨の時期を意識する季節になってきました。

やはり毎年の様にこの時期にサロンには【縮毛矯正】のお客様がたくさんいらっしゃいます。

●ここ最近、多いオーダーとしては毛先は自然に仕上げたい。

●日によってコテで巻いたりストレートにしたい。

というオーダー。

  

この位、根元にウネリがあると梅雨時期のおさまり悪いことはもちろんの事、スタイリングの時に膨らんでしまうことが確実に。

そこで、僕がよくアプローチをかけるのは 

【根元のみの縮毛矯正】


毛先はあえてクセを残すという選択(もちろんクセの状態をみて必要とあれば毛先もかけます)

縮毛矯正という技術はアイロンを使用して高熱を髪に与えることによってあのツヤ感やクセを伸ばしたりしています。



ただ、代償として髪の毛の中にある【タンパク質】が固くなってしまうというデメリットも。

(よく表現される言い方としては生卵からゆで卵に)なんていわれます。

実際、縮毛矯正をかけたあとではカールアイロンでのカールはつきにくくなります。




 

根元のみの縮毛矯正の仕上がりはこんな感じに。

 

毛先は自然にクセが残っているのがわかりますね。
一口に【縮毛矯正】【ストレートパーマ】と言っても色々なアプローチがあります。

 

6月末までは縮毛矯正のキャンペーンも

http://beauty.hotpepper.jp/CSP/bt/reserve/?storeId=H000239003&smb=1


クセに対する悩みなどがありしたら是非、ご相談下さい♪


みなさまのヘアスタイルが毎日、キレイになるように願っております。